独身時代の感覚で生活する浪費住宅男に気づき、わが家が破たんする前にケチ気持ちを表に押し出して勝った私のチャット

うちの男性。僕が思うにかなりの浪費家庭。それに気づいたのはある日スーパーマーケットに一緒に買物に行ったときのことでした。めずらしく一緒に(ほんのスーパーマーケットだけど)お出かけしてニコニコだったんだけど…料金を気にせず、ポンポンかごに押し込める男性に唖然。僕なんかカジュアルみずから買物するときは相当考え込むのに。特にぜいたく売り物。こういう¥200のケーキは貰うか買わざるか、¥100のにするか、なんてかなり企てるのに男性ときたら、¥300のチョコデザート、¥200のプリン。何時取るか思い付かケーキをポイポイと…。楽しかった買物も急激に冷めちゃいました。
その後、家での活動もじっくり観察してみると、たとえば、歯みがきしながら水は全開で出てる。エアコンディショナーで冷えすぎたルームで毛布かぶって寝てる、しかもテレビジョンサービスっぱなし。見えないお金が流れ出てってるのにこの人全く気付いてないんだろうな…。
それからはちゃんと長所をいって買物はみずから、家での活動にはチクチク言ってます。
お前はケチですなと男性からはおっしゃるけど…僕からの反発!毎月来る代金のかさは決まってるんだ!片側が浪費家庭ならもう片側が締めないと家庭が破たんする!独身時代とは背景が違うって感じですかね。まあ、月給上がっても多分おんなじ活動をとると思うけど。根っからのケチ体質なんで。ふるさと納税の手続き歩法はどうする?